ホームページ > 製品リスト > プレハブ建築 >

ライトスチールヴィラ

ライトスチールヴィラ

軽鋼の別荘は軽鋼構造住宅とも言われています。その主な材料は熱亜鉛めっきアルミニウム帯による冷間圧延技術で合成された軽鋼竜骨です。

アルミニウム亜鉛めっき鋼板のアルミニウム亜鉛合金構造は55%のアルミニウム、43.4%の亜鉛、1.6%のシリコンで600℃で凝固され、全体の構造はアルミニウム鉄亜鉛で構成され、緻密な四元結晶を形成し、強力な有効障壁を形成し、腐食要因の浸透を防ぐ。

アルミニウム鋳造亜鉛鋼板の特徴:

耐食性:

「55%アルミニウム亜鉛被覆鋼巻」の耐食性はアルミニウムのバリア保護機能と亜鉛の犠牲保護機能に由来しています。亜鉛は切削刃、スクラッチ及びコーティングスクラッチの犠牲保護として、アルミニウムは不溶酸化物層を形成し、障壁保護の役割を果たします。アルミニウム亜鉛合金の鋼巻は各種の大気環境において20年以上暴露されている。その結果、55%のアルミニウム亜鉛鋼板のエッジ保護性能は亜鉛めっき鋼板と5%のアルミニウム亜鉛鋼板より優れていることがわかった。

耐熱性:

55%Al-Zn合金鋼板の耐熱性は亜鉛めっき鋼板より優れており、アルミニウム浸出鋼板の耐熱性に似ている。アルミニウム亜鉛メッキ鋼板は315℃の高温環境で使用できます。

反射率:

55%のアルミニウム亜鉛合金鋼板は高い反射率を持ち、耐熱障壁となります。アルミニウム亜鉛合金鋼板の熱反射率はほとんど亜鉛めっき鋼板の2倍です。塗装なしで屋根とパネルの省エネ効果があります。

漆を塗る:

アルミニウム亜鉛めっき鋼板の亜鉛層とペンキは良好な接着力を持っているので、共通の標識板として、前処理と耐候処理をしなくてもいいです。亜鉛めっき鋼板は耐候処理と前処理が必要です。

軽鋼別荘体系構造

軽鋼の壁構造体系は軽鋼の多肋骨梁柱からなり、補修構造と一致し、物理性能指標が優れ、施工期間が短く、保温効果が高い。これは新型のグリーン省エネ環境にやさしい建築構造体系です。
3製品が見つかりました
視点: リストショーケース